集団待機について

デリヘルでの休憩場所というのは、「個室待機」と「集団待機」という2通りの休憩場所が存在してきます。
個室待機というのはその名の通り、一人ひとりに個室の休憩場所が与えられますのでプライベートに関しては完全に確保ができるという最大のメリットがあります。
ダブルワークをしている女性やかなり人気の高いような、忙しい女性には向いている待機方法となるでしょう。
では、集団待機に関してのメリットというものはどういったことがあるのでしょうか。
まず、集団待機は個室待機とは全く逆で、一人ひとりに個室も与えられなければパーテーションで部屋を区切るようなこともしていません。
ですので、プライベートというものは全くなく、近くには常に休憩中の女性が待機をしているのです。
ですが、お友達と一緒に入店したので待機中に会話をしたいという女性や、初めての風俗のお仕事なので先輩の女性に相談したいという人には人気の待機方法になっています。
後、個室待機と同様に、テレビもあればパソコンなどのネット環境もきちんとしているところが多く見受けられてきます。
とはいえ、他人同士が同じ部屋に何人もいるということで何かしらのトラブルだけは頭に入れておいたほうがいいかもしれません。
たとえば、「隣で話している電話の声がうるさい」というトラブルがあります。
電車の中でも他人が電話で話していたらうるさく感じるのに、これが狭い空間となればなおさらのことになるのです。
後、部屋の温度調整に関するトラブルも出てきます。
人によっては冷房や暖房というものを嫌う人がいます。
夏場の暑い時期や冬場の寒い時期というのは、どうしてもエアコンのリモコンの取り合いにもなったりするのです。
他には、タバコのにおい、他の女性の悪口、宗教やマルチ商法の勧誘など、様々なトラブルというものが出てくるのです。
正直なところ、これぐらいのトラブルで済めばまだマシかもしれません。
ひどいトラブルになったりすると、貴重品の盗難や個人情報をインターネットに漏えいといった、笑い話で済まされないようなトラブルもないわけではありません。
ちなみに、こういったトラブルを防ぐために、あえて集団待機の規則を厳しくするという手段を取るお店もあります。
たとえば、待機場所での私語禁止、携帯電話での通話の禁止、居眠り禁止、といったルールを定めてトラブルを回避しているお店も実際にはあるのです。
ということから、女性には圧倒的に集団待機よりも個室待機のほうが人気があり、これらの待機方法もお店選びの大きな要因にもなっているようです。

 

高級店の待機について

一般的なデリヘルには、個室待機と集団待機の2通りの待機方法というものが存在してきます。
では、高級デリヘル店と一般的なデリヘル店では待機方法の違いというものがあるのでしょうか。
ちなみに、高級デリヘル店の待機方法には「自宅待機」と「店外待機」の2通りを採用しているお店が多く見受けられてきます。
自宅待機というのは待機場所に出勤する必要がなく、いつでも呼ばれたら出られるような状態でいることを条件に自宅にいるという待機方法で、店外待機というのは携帯電話ですぐに連絡が取りやすいところであれば事務所に近い商業施設や喫茶店、レストランや書店など好きなところで自由に過ごしていてもいいという待機方法になってきます。
どちらにしても自由に休憩時間を過ごすことができるという最大のメリットがあります。
指名が入れば現在いる場所までドライバーが迎えに行き、指名された場所まで車で送ってもらいお客様にサービスを提供することになるのです。
では、高級デリヘル店がこういった待機方法を取っているのか気になるところでもあります。
まず、待機場所を設けるという無駄なコストを削減するということが一番に挙げられてきます。
高級デリヘルは単価の高い商売ですから、お客様からの問い合わせが来れば一度のサービスで大きな利益を得ることができます。
しかし、単価が高い分その日のお客様の数がゼロだということも決してなくなないのです。
そういうリスクも念頭に置いているため、少しでもコストを削減しているということです。
次に、お客様に対してストレスを与えないということも挙げられます。
たとえば、女性同士のトラブルやモヤモヤ感を引きずったままお客様に接客をすれば、やはり何かしらの弊害というものは生まれてくるものです。
そういった弊害というのはお客様にすぐ伝わるもので、100パーセントお客様を満足させることもできないはずです。
そういった失礼な行為を避けるために、待機時間では完全に自由な時間を与えているということになるのです。
最後に、女性の身バレを防ぐということも理由の一つになっています。
高級デリヘル店で働く女性というのは、少なからず女性の質も高いとされてきます。
普段の職業も想像できないような職業に就いている女性も少なからずいるということで、そういった女性というのはかなり身バレに気を使っているものなのです。
集団待機となれば他の女性とも顔を合わせなければなりません。
そうなれば、他の女性にいつ口外されるかわかりませんし、インターネットにどういったことが書かれるかもわかったものじゃないのです。
ということで、高級デリヘル店ではこういった待機方法というものが採用されているということなのです。

個室待機について

風営法の改正から、新たに店舗型の風俗店経営がかなり難しくなってきました。
店舗型の風俗店が多かった頃、そのお店で働いている女性の休憩場所というのはその日に与えられたお部屋での休憩でした。
ですが、今はデリヘルという派遣型の風俗店で働く女性が多くなっているのですが、その女性の休憩場所というものにかなり神経を使う経営者や女性というのが実際には存在してくるのです。
そもそも、デリヘルにはサービスを提供する場所はお客様が指定してきた家かホテルということになります。
その日にサービスを提供するお部屋というのが与えられませんので、お店が用意したお部屋での集団待機ということが基本となるのです。
ちなみに、この待機所というのは「個室待機」か「集団待機」の2通りとなっています。
正直なところ、この待機方法の違いの好みというのは人それぞれとなるのですが、実際にはどういったメリットが存在してくるのでしょうか。
まず、「個室待機」のメリットというのはプライベートの確保ができるという点が一番に挙げられてきます。
ちなみに、完全に個室の場合もありますが、多くの場合は広い部屋をパーテーションで細かく区切ったネットカフェのような状態が多く見受けられます。
完全個室ではないものの、きちんと自分のスペースが設けられているため、居心地の良さという点では何の申し分もないかと感じます。
では、そのお部屋の中身というものも気になるところだと思われます。
これもお店によって様々になるのですが、女性を第一と考えているお店であれば、「マッサージチェア」から「テレビ」や「パソコン」など、ネット環境にも抜かりがないようにしているお店も存在してくるのです。
そこで、個室の待機場所が与えられている女性の休憩中の行動も気になるところでしょう。
たとえば、「設置されたパソコンやお仕事用のスマホからお客様に営業メールをしている」、
「あらかじめどこかのレンタルショップでDVDを借りてきて映画を見ている」、「メイクを直している」、「寝ている」、といったところになるかと思われます。
これらのように、意外と自由に休憩中を過ごしているというのがわかります。
「寝ている」というものに驚かれる人もいるかもしれませんが、サービス内容によってはかなり体力を使う場合もありますので、次の接客までに疲れを取るため寝るという行為自体はそこまで珍しいものではないのです。
後、ダブルワークをしている女性も多く存在しています。
もちろん、昼も夜も働くということはそう楽なことでは決してありません。
そういう女性にとっての個室待機というのは、とてもありがたい休憩のスタイルではないかと感じます。